HiGH&LOW THE WORST(ハイローザワースト)映画のネタバレと感想!村山がなんと!?



LDHの「HiGH&LOW」シリーズと大人気不良漫画の「WORST」(ワースト)がコラボした「HiGH&LOW THE WORST」(ハイローザワースト)。

映画がついに公開されましたね!

ドラマのエピソードゼロから始まり、映画で一旦完結を迎えます。

鬼邪高対鳳仙は果たしてどうなったのか!?

映画を見てきた感想とネタバレを紹介していきます!

HiGH&LOW THE WORST(ハイローザワースト)映画のネタバレ

一回しか見ていないので、不確かな部分もありますが、大体のあらすじと感じな部分のネタバレです※

駅に電車が停まり、電車からは鳳仙のスキンヘッド集団が降りてきました。

BGMはEXILE THE SECONDの「Top Down」でしたね。

駅の名前は「鬼邪大寺駅」(おやだいじえき)でした(笑)

鬼邪高の最寄り駅は「鬼邪大寺駅」なんですね。

鬼邪高VS鳳仙の舞台となった河川敷には鬼邪高の面々が待っていました。

そして映画のオープニング。

いきなり村山対轟!

鬼邪高の頭・村山(山田裕貴)が定時と全日を完全に分けたことなどが説明され、轟(前田公輝)が密かに村山にタイマンを挑んだことが語られました。

いきなり村山対轟のタイマンが始まりました!

前回のタイマンのときはほぼ互角だった二人でしたが、今回は村山の完全勝利でした!

この戦いにより轟は目を負傷。

予告で眼帯をつけていたのは村山にやられたからだったんですね。

村山はコブラとの戦いや、エンドオブスカイ、日向との戦い、ファイナルミッション等を経てかなり強くなったみたいですね。

絶望団地は入り口が閉鎖されて入れなくなっていました。

今は楓士雄たちも住んでいないようですね。

入り口の前から誠司(白洲迅)が団地を眺めていました。

舞台はどこかの斎場。

さだ婆の葬式にマドカ(富田望生)と誠司がきていました。

斎場の前を自転車で通り過ぎる楓士雄とそれを追いかける人たち。

オロチ兄弟の兄・尾々地真也(中務裕太)と弟・尾々地正也(小森隼)とすれ違いました。

オロチ兄弟は楓士雄を追いかけた人たちをボコしたのですが、実はこれは楓士雄が一方的に悪かったことが判明し、後で平謝りしていました。

さだ婆というのは、楓士雄、誠司、マドカ、オロチ兄弟、新太(矢野聖人)の六人が幼少期からお世話になっていたもんじゃ焼き屋のお婆ちゃんでした。

そのお婆ちゃんが亡くなったということで、新太以外のメンバーが集っていたのでした。

そこで楓士雄が鬼邪高に戻ってテッペンをとると宣言しました。

花岡楓士雄一派が誕生!

舞台は鬼邪高。

司一派の高城司(吉野北人)がジャム男にメンバーを集めるように話し、泰清一派と構えると話をしていると

後ろから楓士雄がやってきました。

楓士雄「おもしろそうな話ししてんじゃん」

中庭では司一派と泰清一派が睨み合っていました。

そこに楓士雄、司、ジャム男がやってきて司が「今日からうちらの頭はこいつだから」と楓士雄を頭に指名。

楓士雄を知らない泰清一派だけでなく、司一派も驚いた様子でした。

泰清一派の一人が「そんなチビが?」と楓士雄に向かって言うと

ジャム男が「今一番言っちゃいけないこといいましたね」

司も「お前らしんだぞ」

楓士雄に向かってチビは禁句だったようで、泰清一派の5人位をかんたんにのしてしまいました。

「これでお前の客が増えるな」と司

司一派のたまり場で、ジャム男が現在の鬼邪高全日制の勢力について解説していると

泰志と清史、辻と芝マンがやってきて誰が鬼邪高の頭を獲るかという話を始めたのですが

楓士雄だけ「みんな同じ団地出身で同窓会みたいじゃないか」と楽しそう。

そして、ドロッキー(轟)の怪我が治り次第挑戦することを宣言しました。

鳳仙の頭・上田佐智雄登場

時系列あやふやですが・・・

鳳仙の上田佐智雄(志尊淳)がどこかのクラブのようなところに潜入し、少女を助け出しました。

志尊淳くんはトッキュウジャーのトッキュウ1号・ライト役を演じていたのでアクションも良かったですね!

少女は佐智雄の妹・上田唯(箭内夢菜)でした。

佐智雄の妹はレッドラム(無名街で作られていたドラッグ)の売人をさせられていたのでした。

鬼邪高でもレッドラムが売られていて問題になり、鳳仙でも同じようにレッドラムが蔓延していたようでした。

鬼邪高ではレッドラムの件で報告を受けた村山が「この世界はどーなんてだよ!」と叫んだのですが、その理由が「またバイト落ちた・・・」

そこで関(一ノ瀬ワタル)が「うちの親父紹介しましょうか?」と関の父親の会社で働くことを勧めました。

村山が関の会社でバイト開始

村山が関の父親(小沢仁志)のもとに行くとオロチ兄弟の二人を紹介され、オロチ兄弟が村山の面倒を見ることになりました。

オロチ兄弟の弟・正也が村山に「年上っぽく見えるけど、ここでは俺らが先輩だから敬語で話せよ」と。

しぶしぶ敬語の村山(笑)

建設現場では関の会社の土方がレッドラムの取引をしていました。

取引の相手は、楓士雄たちの幼馴染の一人・新太でした。

正也は新太に声をかけますが、新太は無視して行ってしまいました。

その夜、新太がレッドラムの売人をしていることをもんじゃ屋で5人で話しています。

誠司は新太にメールしてみるといい、マドカは新太の母親に聞いてみる事になりました。

ここでオロチ兄弟の兄・真也がトラックの運転手にキレたマドカをみて

「あんな女嫁にしたら最高だな」と言いました(笑)

鬼邪高全日集合

村山が体育館に全日のメンバーを呼び集めました。

鬼邪高ではドラッグ禁止ということを伝え、とにかくドラッグはやめるようにと伝えました。

そして鳳仙の話が出てきます。

鳳仙でもレッドラムが出回っているという話でした。

鳳仙のことを知らない村山に対し、鳳仙について説明を依頼されるジャム男。

ジャム男によると今の鳳仙は史上最強と言われていて、四天王がそれぞれの頭文字をとって「小沢仁志」と言われていること。

そしてその小沢仁志の上に上田佐智雄がいるということが説明されました。

ここで楓士雄と顔を合わせた中中一派の中越(神尾楓珠)が「お久しぶりです!5中の中越です!」と挨拶。

「この人が俺が言ってた先輩だよ」と楓士雄のことを説明し、その場で「今日から俺たちは楓士雄さんについていきます!」

と言って、楓士雄一派に中中一派が加わりました!

それを見た村山は轟に「お前のほうが強いかもしれないけど、あいつはお前にはないものを持っているかもな」と。

帰ろうとする村山に楓士雄は「ムラちゃん!全日とったら俺とタイマン張ってください!」と言いました。

村山はあっかんべ~をして去っていきました。

鳳仙でも集まりが

鳳仙高校ではクローズ・WORSTにも出てくる畳の部屋にメンバーが集結しています。

鳳仙高校でもレッドラムが問題になっていました。

鳳仙の情報屋・サバカン(坂口涼太郎)がレッドラムの調査状況を報告。

まだあまり情報が入っていないようで、小田島有剣(塩野瑛久)、仁川英明(小柳心)、志田建三(荒井敦史)が情報収集に行くことになりました。

もう一人の四天王、沢村正次(葵揚)は佐智雄が別件の依頼をしているとのことでした。

佐智雄は身の回りのことがうまく行かないと自分に対するイラつきが抑えられないとのこと。

楓士雄と佐智雄の出会い

どこかの神社にいる佐智雄。

おばあさんが階段を登ってきたのですが、バランスを崩してしまいました。

はっとする佐智雄ですが、後ろから楓士雄が現れおばあさんを助けました。

助けた楓士雄は「この階段急すぎるだろ」と階段に対して文句をいいましたが、自身がバランスを崩して落下していました。

佐智雄に絆創膏をもらい、ジュースまで奢ってもらった楓士雄。

二人は丘の上から景色を眺め、お互いのことについて話しました。

楓士雄は佐智雄にサッチーとあだ名を付けましたが、佐智雄はサッチーはやめろと嫌がりました。

鬼邪高と鳳仙が襲われる

上田佐智雄の妹・唯とマドカは同じ高校の吹奏楽部のようで、一緒に帰っています。

唯はマドカにレッドラムの売人をしていたこと、レッドラムを使用した現場の動画をとられたことをマドカに話し、今もストーカーにつけられていると話しました。

マドカが後ろを見ると、たしかに怪しい男がついてきています。

マドカはその男に声をかけます。

「男ならストーカーなんかしてないで正々堂々と告白しなさいよ!」と的はずれなことを言っています。

実はこの男、鳳仙の沢村で、佐智雄の命令で唯のことを見張っていたのでした。

マドカと沢村が言い合いをしているスキに、レッドラムの売人で佐智雄にボコられた男たちが唯のことを襲いました。

5人位の男たちと戦う沢村。

相手は車で逃走していきました。

泰示が歩いていると、いきなりスキンヘッドの集団が襲いかかってきました。

自ら鳳仙のものだと名乗り、鬼邪高が商売の邪魔をしていると因縁をふっかけてきました。

泰志は凶器で頭を割られ、武器を持った相手にやられてしまいました。

今度はサバカンが歩いているところに鬼邪高を名乗る集団が現れ、襲いかかってきました。

応戦するサバカンや沢村。

沢村が相手のバンダナを取ると、そいつは昼間唯を襲った奴でした。

数と凶器で沢村を始めとする鳳仙の生徒たちはボコボコにされてしまい、沢村は意識不明でICUに入らなければならないほどの重症を負わされてしまいました。

鬼邪高では屋上で泰志のネックレスを握りしめた清志(うえきやさとし)がいつになく神妙な顔をしています。

それを見た楓士雄が心配して声をかけました。

そして鬼邪高に鳳仙からの決闘状が届き、楓士雄は鬼邪高に全員で決闘を受けることを決めます。

楓士雄は眼科から出てきた轟を待ち伏せしていました。

ついに鬼邪高と鳳仙が激突!

怪我が治った轟に対し、鳳仙との喧嘩に協力してくれるように頼む楓士雄。

相手がどんな奴らかもわからない強敵だからこそ轟の力を借りたいと、素直にお願いする楓士雄に対し、なんだかんだ言ってOKする轟。

楓士雄のこういうところが轟にはない部分ですよね。

確かに強さで言ったら轟のほうが上かもしれませんが、頭になれるのは楓士雄のようなタイプでしょうね。

沢村たちが入院している病院には鳳仙の生徒が集まっています。

鳳仙にも鬼邪高からの決闘状が届いているようでした。

鬼邪高が相当やばい高校で、特に定時は大人だからやばいといい、決闘を受けるかどうか迷っている幹部たち。

そこに佐智雄が現れ、沢村の血だらけの制服を握りしめ「ここまでされたんだぞ!」「鬼邪高が潰すぞ」

そしてオープニングのシーンに繋がります。

オープニングのとき、鳳仙は四天王がいたはずなのに3人しかいなかったので不思議に思っていたのですが、ここでその謎が解けました。

決闘の場に集った両校。

佐智雄が楓士雄に「お前はもっといいやつだと思ってたよ。」

いよいよ対決が始まります!

楓士雄「いくそでめぇらー!!」

楓士雄の「いくぞてめぇらー」もかっこいいですね!

鳳仙のハゲたちはまとまりがあるため、鬼邪高は鳳仙に押され気味です。

鳳仙幹部と鬼邪高のメンバーがそれぞれマッチアップします!

○轟 VS 小田島有剣☓

○楓士雄 VS 志田建三☓

☓泰志 VS 志田建三○

☓辻と芝マン VS 仁川英明○

☓中越・中岡 VS 上田佐智雄○

司、清志は鳳仙幹部とのタイマンはありませんでした。

終始鳳仙が有利で戦いを進め、この戦いを仕組んだレッドラムの売人組織・キドラの連中の中では鳳仙の勝ちということになりました。

志田を倒した楓士雄と中中を倒した佐智雄がいざ戦おうとしたとき、サバカンが走ってきました。

サバカンを見ていた佐智雄に楓士雄がパンチを食らわし「よそ見してんじゃねーよ」

と、ここで鬼邪高ダンプカーが登場!

援軍登場かと思われ楓士雄も「援軍なんか頼んじゃいねーぞ!」とキレましたが、村山が「援軍じゃありません」

「喧嘩するのはいいんだけどさぁ、この喧嘩には大義がないのよ」

鬼邪高と鳳仙が戦うように仕向けたやつがいること、それがキドラというチームであることを説明しました。

鳳仙側もサバカンが沢村が目を覚ましたこと、沢村が襲ってきたのは鬼邪高の生徒じゃなくて唯を襲ったやつだったことを説明し、双方納得した上で決闘は終了となりました。

佐智雄が楓士雄に「お前じゃないってわかっただけでも良かったよ」といいました。

楓士雄は佐智雄とタイマンができなくて残念そうでした。

橋の下で休んでいる鬼邪高の生徒たち。

鳳仙は本当に強かったと話しています。

そしてとある市には鳳仙よりも更にやばい「鈴蘭高校」があることが話されます。

さらに鈴蘭には「ラオウ」という男がいて、佐智雄はそいつとのタイマンに敗れたのだとか。

ジャム男は「まさか今度は鈴蘭とやろうってんじゃないでしょうね!?」

キドラの本拠地に乗り込む

レッドラムを売っているキドラの金平兄弟が絶望団地をアジトにしていることを突き止めた楓士雄は一人で乗り込もうとしますが、途中で司を始めとした鬼邪高の連中と合流します。

絶望団地につくと、佐智雄を始めとした鳳仙高校の生徒達もやってきました。

キドラ対鬼邪高&鳳仙の戦いが始まりました!

キドラの連中は武器を片手に攻めてきます。

鬼邪高と鳳仙は素手で応戦!

キドラの連中はレッドラムをやっているのか、みんな様子がおかしいです。

ここのバトルもハイロー名物長回しでとても見応えがありました!

鬼邪高メンバーの助けや鳳仙の援護もあり、楓士雄は新太のもとに行くことに成功!

一方裏では金平兄弟が車に乗ってやってきました。

鎖を巻いたバットを振り回して攻撃してきます。

そこにバイクでオロチ兄弟が登場

正也「わりいけどここから先は行かせられねーんだわ」

真也「そろそろ暴れさせろー!」

そして鬼邪高名物ダンプカーが再び登場!

村山がキドラの頭金平兄を煽ります。

村山は昔キドラの金平兄をボコボコにしたそうです。

村山は、というか山田裕貴さんは本当に楽しそうに喧嘩をしています!

そしてアドリブの「鬼邪高の祭りは村山通せや~」

村山のもとにやってきた古屋に対し「今日関ちゃんは?」と聞くと

古屋「お腹痛いんだって」と(笑)

楓士雄と新太の殴り合い

新太は誰もいなくなったアジトの金庫からお金を盗もうとしていました。

新太のお母さんはがんで、そのための治療費を稼ぐためにレッドラムの売人をやっていたのでした。

「そんなきたねえ金捨てちまえ!」という楓士雄に新太は「うるせぇ!」と殴りかかります。

何発殴られても倒れない楓士雄「今のお前の拳なんて何発もらっても効かねえよ!」

殴り返す楓士雄、倒れる新太。

さらに楓士雄が新太を殴ろうとしたところにオロチ兄弟がきて楓士雄を止めました。

こうしてキドラのアジトは崩壊し、新太を無事に取り戻すことに成功しました。

エピローグ

さだバアのもんじゃ屋に集まった6人。

みんなでお金を出し、新太のお母さんの治療費にしました。

楓士雄はたったの2000円でみんなから突っ込まれていました。

オロチ兄弟は通帳とはんこを出し、その額なんと300万円!

驚く一同と、嫌がる弟・正也に兄の真也が「金なんてまた稼げばいいだろ!」と男気あふれるコメント。

そして舞台は楓士雄と佐智雄が出会った神社。

楓士雄の頼みで楓士雄と佐智雄がタイマンすることになりました!

一方鬼邪高では、なんと村山が鬼邪高を退学することを決めました!

そして関と古屋も村山と一緒に退学することに!

SWOWDのOのトップである村山がやめてしまい、どうなってしまうのか!?

神社でのタイマンは佐智雄が辛くも勝利しました。

鳳仙の四天王が「一瞬負けるかと思ったぜ」と言っていたので、佐智雄のギリギリ勝利だったようです。

大の字に倒れている楓士雄を轟が起き上がらせ

「全日の頭は当分俺が預かっておくわ」と

楓士雄「なんでだよ!?」

轟「だって鳳仙に負けてないの俺しかいねーし」

楓士雄は返す言葉もありませんでした。

しかしタイマンで負けた楓士雄をせめる人はだれもおらず、みんな次は勝ってくれよと応援しているように見えました。

村山と関と古屋はバイクを勝ったようで、3人共バイクに乗っていました。

3人でチームでも作るんでしょうかね!

楓士雄と司とジャム男が鈴蘭高校を覗きに来ていました。

司がラオウのことを教えましたが楓士雄は誰だかわからなかったようです。

3人が覗いていると鈴蘭高校の生徒がやってきて「なんだお前ら!」

ダッシュで逃げる3人を大勢の鈴蘭高校の生徒が追いかけていきました

おしまい

HiGH&LOW THE WORST(ハイローザワースト)映画の感想

今回の映画が発表されたとき、最初はどんなふうになるのか、期待よりも不安のほうが大きかったのですが、いざ映画を見てみたら今回のコラボは大成功だったと思いました。

楓士雄のキャラはWORSTの月島花みたいな感じでしたね。

村山は前回轟とタイマンしたときに比べてかなり強くなっていましたね。

轟相手に完勝しましたからね。

個人的には司の活躍をもっと見たかったですね。ドラマでは司がメインみたいな感じで話が進んでいたのに映画では対して出番がなかったのが残念です。

村山が鬼邪高をやめてしまい、SWORDのOが崩れてしまいましたね。

均衡を保っていたSWORDがどうなってしまうのかも気になりますね。

志尊淳もかっこよかったです。

トッキュウ1号だっただけあって、アクションも良かったです。

バトルシーンは今までのハイローシリーズ同様の長回しでとても見応えありました。

次は鈴蘭高校との対決があるのでしょうか!?

ハイアンドローシリーズはまだまだ続きそうですね!