ハイアンドローザワーストエピソード0ドラマ第3話のネタバレ感想!



ハイアンドローシリーズの最新作「HiGH&LOW THE WORST」につながる話である「HiGH&LOW THE WORST EPISODE.0」

今回は第3話となります!

前回は鬼邪高に泰志と清史て転向してきて全日ステークスの行方がわからなくなってきましたね。

未だ眠ったままの獅子の高城司はいつ目覚めるのか?

目覚めさせるためには花岡楓士雄が鬼邪高に戻ってくるしかないと思われますが、花岡楓士雄はいつ戻ってくるのか!?

全日の頭争いの行方はどうなっていくのか!

気になるハイアンドローザワーストエピソード0ドラマ第3話のネタバレです!

ハイアンドローザワーストエピソード0ドラマ第3話のネタバレ


ジャム男高城司の元にやってきて司グループに自己紹介をしました。

ジャム男はガキの頃からジャムパンばっか食べてたからジャム男という名前がついたとのこと。

高城司、ジャム男、泰志と清史、辻と芝マン、花岡楓士雄はみんな同じ団地で育ちました。

団地は規模がでかすぎて同じ団地内でも違う中学に通わなければならないほどでした。

団地には貧しい家庭ばかりだったためみんな共働きでした。

子供しかいなかったため秩序は崩れ、悪ガキばかりが育ち団地内は荒れ果ていき、絶望団地と呼ばれるようになったそうです。

団地にはそれぞれ名前が付き、放火棟、殺人棟、幽霊棟、首吊棟と呼ばれていました。

前回清史は辻と芝マンのことを殺人棟の辻と芝といっていましたね。

泰志と清史は放火棟花岡楓士雄は首吊棟に住んでいたとのことです。

高城司と花岡楓士雄は二人で手を組むと凄まじい強さを発揮するらしく、泰志と清史も初めて敗北したと言っていました。

 

泰志と清史が司一派のたまり場へやってきて司の手下たちをボコボコにしました。

司に「轟きとったら次はお前だ」と伝えておけといって去っていきました。

 

ここで九龍グループの面々とルードボーイズ登場!

映画で放映された場面ですね!

スモーキーもちょっとだけ出てきました!

達磨一家とホワイトラスカルズ、山王連合会のもとにも九龍グループの奴らがやってきたんですね。

 

泰志と清史は中越一派のやつを拉致して放送室から放送をして辻と芝マンと轟を呼び出しました。

そしてついでにと言って我こそはと思うやつもこいと言って、高城司と中越も呼び出しました。

どうするか聞かれた高城司は「おれ鬼邪高辞める」といい、立ち去ってしまいました。

高城司は全くやる気が無いようです。仲間がやられたのに知らんぷりですからね・・・

やはり楓士雄が戻ってこないとだめみたいです!

楓士雄はいつ戻ってくるのか!?

いい加減に早く鬼邪高に戻ってきてほしいですよね。

 

最初に放送室にやってきたのは辻と芝マン、そしてもやってきました!

いよいよ泰志と清史VS辻と芝マンが始まるのか!?

 

ダンが登場し、後輩の二人が存在感がないことについての相談を受けています。

ダンの提案はテーマ曲を付けたら良いんじゃないかということに。

ケン(?)が「うすしおの♪」から歌い始めたら「ただでさえ存在感薄いのにうすしおから始めんな!」と突っ込まれました。

ヒカルは「夢の中♪」で始め、結構続いたのですが歌詞の内容が全体的に薄いということでだめ。

最後はダンがテーマソングを歌ってくれと頼まれましたが、「俺、お前らのことなんも知らんわ」と言われてしまい終了。

ハイアンドローザワーストエピソード0ドラマ第3話の感想


 

今回は高城司たちの団地について語られましたね。

前回全日ステークスの予想紙にみんな同じ団地出身であることが書いてありましたが、それが絶望団地のことだったようです。

話の展開はなかなか進みませんが、次回はいよいよ全日の頭争いが始まるのでしょうか?

一人で辻と芝マンを圧倒し、村山をあそこまで追い詰めた轟に泰志と清史が勝てるとは思えないのですが、どうなるでしょうかね!?